シミしわのない、ハリのある肌は、いくつになってもあこがれですよね?このブログでは、管理人えいこが知ったスキンケア情報や体験談をつづっていきます。

紫外線対策の間違いチェック!日傘の色やサングラスの選び方で正しい方法は?

045325

紫外線対策の間違いについて、7月23日放映の『モーニングバード』で取り上げていたので、まとめました。

モーニングバードの街のインタビューでは、通行人の方たちの日焼止めの塗り方や、サングラスや服の色など、アイテムの選び方をチェックしていました。

その中には、初耳のこともあったので、書いてみますね。

スポンサード リンク

紫外線対策の方法、間違いをチェック

 

まずは、こちらから■日焼け止めの付け方について

 

紫外線対策でNGになる日焼け止めの付け方とは?

日焼け止めについて、「肌に伸ばすつもりで」や、「肌にすりこむつもり」は、NGだそうですよ。

日焼け止めを付けるときは、「肌に乗せる感覚で」がポイントなのですね。

具体的には

1、五百円硬貨大程度の量を出し

2、額、両頬、鼻、あごに乗せる

だそうです。

そう、確か日焼け止めは、肌に浸透させるものではなかったのですね。

 

大事なのは、肌の表面に均一に伸ばし、紫外線をブロックすること。

 

そのためには、適量を使い、汗をかいたら、こまめに付け直すことも大事でしたね。(※ウォータープルーフを除く)

過信は禁物!日焼け止めの使い方~気をつけないと効果が半減~

 

紫外線対策のグッズで選び方の盲点は?

また、「夏のアイテム編」では、■日傘の色や使い方、■服やサングラスの色についても触れていました。

 

紫外線対策になる日傘の色や使い方

 

また、■日傘の色ですが、白や薄い色は、紫外線の反射率が高いのですね。

するとどうなるか。

反射した紫外線が、首や顔に当たってしまうのです。

 

なので日傘は黒など、紫外線を吸収する色の方がよいのです。

 

それでも、地面からの照り返しは避けられません。

ですからこれ、やはり顔や首にも、日焼止め対策は必要ですね。

 

 

また、日傘を使うタイミングについて。

日傘、日陰でたたむ方が多いのでしょうか?

私もついやりそうですが、実は日蔭でも、紫外線の一種、
UVA波は届いてしまうのですね。

UVA波は、一般に知られているような、皮膚が赤くなってヒリヒリしたり、後で黒くなるという、短期的に目に見えるものではありません。

でも、油断大敵なんです。

なぜなら、皮膚の真皮にまで到達して、コラーゲンやエラスチンの結びつきを断ち切ってしまうのです。

しかも波長が長いので、ガラスやカーテンも突き抜けてしまうのだとか。

そのため、室内だから大丈夫、という訳にはいきません。

日蔭や窓際や車を運転するときも、気を付けてくださいね。

油断大敵!シミしわたるみの最大原因、紫外線の種類とその影響とは

 

じゃあ一体どうすればいいかというと、次の例がありますよ。

 

紫外線対策は室内ではどうするの?~美人皮膚科医の例

 

美人皮膚科医の友利新さんは、ご自身の家では、部屋に紫外線防止フィルムを貼っているそうですよ。

※友利新先生の美容法は
小倉優子の2つの美容習慣と、美人皮膚科医のスキンケア3つの日課とは?

また今回、初めて聞いたのが、■サングラスの色の選び方です。

 

紫外線対策になるサングラスの選び方とは

今や、目に紫外線が入ると、日焼けする…ということは、よく知られてきました。

そのため、サングラスをかける人も増えていると思います。

ところがその色は、暗いものはよくない、というのです。

紫外線透過率が同じなら、透明に近い薄い色が良いのだとか。

 

これはなぜかと言うと、暗めのサングラスでは、瞳孔が開いてしまうからのですね。

番組の比較画像では、暗めのサングラスの場合と、薄い色のサングラスをかけた場合、2つの画像がありました。

それを見ると、確かに両者では、瞳の大きさが違うのです。

見たところ、薄い色めのサングラスをかけた場合、瞳の直径は、黒目の4割ほどでしょうか。

それに対して、暗めのサングラスでは、5.5~6割ほどに見えました。

 

これを見てよかったです。

知らなければ、サングラスの色も、日傘や服の色と同じ基準で選んでしまうところでした。

人間の体って不思議ですね。

服や日傘、他のアイテムについては、こちらの記事に書いてあるので、お時間のある方はご覧になってくださいね。
何がある?服や日傘に日焼け止め、紫外線から肌を守る方法

スポンサード リンク

 

子供のプールでの紫外線対策は?

『モーニングバード』では、お母さんと子どもたちでにぎわうプールでのインタビューもありました。

この場面では、保護者であるお母さんたちが、帽子やカッパ(のようなもの)など、万全の対策を施しているように見えました。

でも、あのまま水に入って動きにくくないのかな?

顔にも日焼け止めを塗っていないと、水面で反射した紫外線が当たるのだけど・・・などと、気になってしまいました。

そして、プールに入っているお子さんたちの紫外線対策は、どうなっているのでしょうか。

一人、お子さんに日焼け止めクリームを塗っているお母さんが映っていましたが。

これは、お子さんの健康を考えれば、対策が必要かと思うのです。

でも実際には、これが現状のようですね

子どもの日焼止めは厳禁、それともOK?学校プールでの使用に賛否両論

大人も子供も、紫外線対策が行きわたると良いですね…。

※さらにこんな秘訣もあります
日焼け止めの重ね塗り、極意は三角塗りにあり!肌悩みも自然にカバーできる方法とは

 

>>紫外線の影響や対策についてまとめて知りたい方は★こちらをクリック★

 



スポンサード リンク



★人気のコスメをレビュー★
最後までお読みいただき、有難うございました。
下のバナーをぽちっとして頂ければ元気が出ます^^
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると元気が出ます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

管理人プロフィール



はじめまして!ご訪問有難うございます。
ブログ管理人のえいこです。
昔の激務で体を壊し、ここ何年かは在宅の仕事をしています。
このブログではキレイな肌やその元である健康を目指すために、私が勉強したこと、興味を持ったこと、試した方法やコスメについてつづっています。

もともとは自然派食品やオーガニック化粧品に興味がありました。 今はそれにとらわれず、良いものはよい、と開拓中です。
みずがめ座、水のあるところと猫が好き。年はアラフィフ・・・と言っておきましょう。
プロフィールの続きはこちら

本当にいいコスメたち

免責事項

■当ブログの記事は管理人えいこが実際に体験したことを基に書いておりますが、あくまでもえいこの主観によるものです。
商品ご購入ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。

■掲載情報にはできる限りの正確さを心がけておりますが、個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。
万一当ブログを利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が発生したとしても責任を負いかねます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

人気のコスメ、どうだった?

★毛穴専用美容液★

毛穴の黒ずみ、開き、たるみに レビュー⇒ソワン

★アプロス シルキーカバーオイルブロック★

レビュー
化粧下地【アプロス シルキーカバーオイルブロック】

★敏感肌のエイジングケア★

ストレス肌トラブルもケア! レビュー⇒アヤナスがリニューアル


★ラ・ミューテ化粧品★
レビュー
大人ニキビや肌荒れの悩みに『ラ・ミューテ』美肌セット

カテゴリー

お問い合わせ

管理人えいこへのご連絡やお問い合わせは、こちらの連絡フォームよりお願い致します。

お知らせ

7月26日10:10
b-glen(ビーグレン)美白セットのレビュー記事に、シミの画像を追加しました。
7月13日15:54
11:48~15:51までの時間において当ブログへのアクセス不能だったこと、お詫び申し上げます。
7月4日13:45
7月2日投稿記事『氷水出し緑茶』と『スーパー緑茶』の作り方に、氷水出し緑茶2種類のレシピを追記いたしました。
6月16日夜
お問合わせフォームに不備があったため、修正しました。
これまで連絡を試みて下さった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。