シミしわのない、ハリのある肌は、いくつになってもあこがれですよね?このブログでは、管理人えいこが知ったスキンケア情報や体験談をつづっていきます。

電車の冷房で首や肩、足の冷え防止に私が取った対策とは、私が成功した

温まる (4)

私が最近成功した、電車の冷房による冷え対策です。

電車の冷房も、自分では調節できないから困りますよね。

長時間、といっても私の場合はせいぜい4時間ほどですが、それでもうっかりすると冷えて、その後体調不良になってしまいます。

電車に乗っている時から、首や肩、足が冷たくなって、帰宅後も毛布をかぶってぶるぶる。
酷い時は、その日は何もできなかったり。

そんなことが何回か続いていましたが、やっと元に戻ってきました。
というか、前より平気になったみたいです。

その方法をご紹介しますね。

スポンサード リンク

電車の冷房の冷えで、私が取った対策とは

まずは当日の対策です。

先にインナーは綿混紡で、暑苦しくなくて、でも冷えたところではほわんと温かいものを身に着けました。

Tシャツの上には、七分袖の薄手のスモック。

これである程度、腕を紫外線から守りながら、冷房の風からもガードしてくれます。

とても暑い日だったので、下半身はさすがに冬物のデニムではなく、夏物デニムです。
これはムレなくていいのですが、これだけでは冷房の風を通してしまうかもしれません。

(これは過去の経験上、わかっています)

なので、デニムの下には七分丈のシルク混紡のインナーを付けました。
まあ平たく言えば、女性用ステテコですわ。

足元は、綿混紡の靴下に、あらら・・気がついたら、この時期いつも愛用のサンダルです。

体の他の部分はバッチリだと思うのに、くるぶしから下がちょっと不安。

と思いながら、電車に乗ったのです。

電車の冷房にはストールを

首や肩を冷房の風からガードするために、ショールやストールを付けました。

ちょうどリサイクルショップで、夏に着けても肌触りのよい、ほわんと温かいものを売っていたので。

次に最初から、インナーもあまりペラペラの薄いものはつけません。

ラッキーなことに、最初の数時間は電車の冷房も緩めだったのですが、最後の1時間余り、乗り替えた先の電車が寒かったのです。

座席に座っているうちに、冷気がしみてきたときは、
「これはやっぱり来るか?」
と思い、首元に巻いたストールを、上半身前面を覆うモードに変更。

ちょっと幅広のストールっていいですね。

体を覆う部分も自由にできます。
今回は、ひじから先に風を感じてきたとき、手首から指先まで、すっぽり包むフォーメーションを摂りました。

首筋もそうですが、これで手先までほんのり温かくなりました。

次に下半身です。

太ももについては、最初からインナーでガードしようとすると、暑苦しいのがわかっていました。

なのでこの日も、インナーはどちらかと言うと薄手で、でも実はシルク混紡。
織り目はやや混んでいます。

で、結果的にこれは成功でした。

太ももは、念のためにバッグを置いて風からガード。

柔らかくて自由に変形できるバッグだったので、ついでに膝もガードできました。

冷房の冷えから足を守る対策とは

次に問題になりそうだったのが、すねです。

足先は靴下のおかげでぽかぽかしていますが、スネの前面から、冷房の風が来ます。

ひざ下から足首まで覆うものは持っていないし、どうしよう?

と一瞬考えたら、ひらめきました。

ひざの角度を鋭角にして、足元を体のほうに引き寄せるのです。

ほんのちょっとの差ですが、これだけで冷房の風を受けなくなりました。

電車が混んでいなくて、ひざに大き目のバッグを載せている時は、つい無意識に支えるつもりで、膝を直角にして踏ん張っていたら、風を受けてしまいます。

でも、ひざに乗せているのが、そんなに大きくない、不安定でもないものでしたら、足元を体に引き寄せるつもりで、ひざから下を曲げるといい。

これが今回の発見でした。

電車を降りる時も、降りてからも、私は首や肩、足が冷えたと感じることはありませんでした。

翌日また同じ路線を使って自宅に戻ってからも、体調崩すことなく過。ごしています。

でも考えてみれば、足に関しては、くるぶしから先を出していたのに冷えなかった、というのは、ちょっと画期的です。

これは普段の食生活とか、着るものも関係しているのではないかと思っていますよ^^


スポンサード リンク

まとめ

今回の内容をまとめると

・電車に長時間乗る時は、暑さと冷房の両方に対応できる服装をする。

具体的にはインナーの工夫や、脱ぎ着できる上着など。

首元から手先まで、自在にカバーできるショーツやストールはとても助かる。

足に関しては、太もも部分とくるぶしから下、足先を冷やさないようにする。

ポイントは、全体的な厚着の必要はないけれど、ツボは外さないこと。

女性の場合、腰やお腹以外に、太ももも冷やさないことが大切と、昔医師の方が書いておられるのを読んだことがあります。

実際、冬の寒い時も、太もも部分が薄着でなければ、そんなに辛くないんですよね。

その他のスネ裏側や足先(足指付け根から手前数千里)などにも、確か冷え改善のツボがあったはずです。

(後ろ首元にもありますよね。風邪を引きかけた時には温めろって言われる部分です)

その他には、普段の食事では、体を温めるものを摂ることですね。

いつも思うのですが、夏は火を使うのが面倒だし暑いし、と思って、ついつい冷たいもので済ませてしまうと、体がだんだん冷え性になってきます。

なので私も、朝食には味噌汁を飲むことにしています。
味噌汁は、忙しい時はインスタントで構いません。

私の場合、猫舌で熱いものは苦手なのですが、みそ汁はそんなにアツアツでなくてもいいみたいです。

多分これは、味噌が発酵食品だからなのかと思っています。

その他には、改めて薬膳料理を食べるようになったことが、新しいことですね。

その薬膳料理とは、先月の「たけしの家庭の医学」で紹介された、「ひえのぼせ改善の薬膳メニュー」です。

次回はそちらの感想も書きますね^^

⇒⇒冷えのぼせ改善の薬膳を作った経過と食べて感じた効果とは

 



スポンサード リンク



★人気のコスメをレビュー★
最後までお読みいただき、有難うございました。
下のバナーをぽちっとして頂ければ元気が出ます^^
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると元気が出ます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

管理人プロフィール



はじめまして!ご訪問有難うございます。
ブログ管理人のえいこです。
昔の激務で体を壊し、ここ何年かは在宅の仕事をしています。
このブログではキレイな肌やその元である健康を目指すために、私が勉強したこと、興味を持ったこと、試した方法やコスメについてつづっています。

もともとは自然派食品やオーガニック化粧品に興味がありました。 今はそれにとらわれず、良いものはよい、と開拓中です。
みずがめ座、水のあるところと猫が好き。年はアラフィフ・・・と言っておきましょう。
プロフィールの続きはこちら

本当にいいコスメたち

免責事項

■当ブログの記事は管理人えいこが実際に体験したことを基に書いておりますが、あくまでもえいこの主観によるものです。
商品ご購入ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。

■掲載情報にはできる限りの正確さを心がけておりますが、個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。
万一当ブログを利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が発生したとしても責任を負いかねます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

人気のコスメ、どうだった?

★毛穴専用美容液★

毛穴の黒ずみ、開き、たるみに レビュー⇒ソワン

★アプロス シルキーカバーオイルブロック★

レビュー
化粧下地【アプロス シルキーカバーオイルブロック】

★敏感肌のエイジングケア★

ストレス肌トラブルもケア! レビュー⇒アヤナスがリニューアル


★ラ・ミューテ化粧品★
レビュー
大人ニキビや肌荒れの悩みに『ラ・ミューテ』美肌セット

カテゴリー

お問い合わせ

管理人えいこへのご連絡やお問い合わせは、こちらの連絡フォームよりお願い致します。

お知らせ

7月26日10:10
b-glen(ビーグレン)美白セットのレビュー記事に、シミの画像を追加しました。
7月13日15:54
11:48~15:51までの時間において当ブログへのアクセス不能だったこと、お詫び申し上げます。
7月4日13:45
7月2日投稿記事『氷水出し緑茶』と『スーパー緑茶』の作り方に、氷水出し緑茶2種類のレシピを追記いたしました。
6月16日夜
お問合わせフォームに不備があったため、修正しました。
これまで連絡を試みて下さった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。