シミしわのない、ハリのある肌は、いくつになってもあこがれですよね?このブログでは、管理人えいこが知ったスキンケア情報や体験談をつづっていきます。

顔のシワが少ない人の紫外線対策や洗顔法はここが違う 【この差って何ですか】

若々しい肌

同じ60代でも、顏のシワが少ない人と多い人は、日ごろの生活のどこが違うのでしょうか?

 

顔のしわって、60代以前の50代でも気になりますよね。

私も最近、シワ対策で色々調べているのですが、そんなところでたまたま見たのが、TBSの『この差って何ですか?』(火曜19時、TBS系)でした。

 

テーマの中に『60代なのにシワが少ない人は、普段どんなことをしているのか、シワが多い人との違いは?』というコーナーがあったのです。

シワの少ない人たちが実行していることについて、うまくまとめられていたので、私も記事にしますね。

 

今回はそのうち、紫外線対策とスキンケア、特に洗顔法についてです。

スポンサード リンク

顔のシワの原因、最大のものは?

顔のシワの最大の原因は、紫外線です。

肌老化の8割は、紫外線が原因だとされるくらいなんですよ。

 

特に問題なのは、紫外線の中でも、波長の長いUVAです。

UVAは、肌の角層を通り越して、その下の真皮に到達。
肌の弾力のもとコラーゲンや、コラーゲンを束ねるエラスチンを破壊してしまうのです。

 

なのでお肌の日焼けやしみ、くすみだけでなく、シワやたるみを防ぐためにも、紫外線対策は欠かせません。

肌の老化を防ぐ紫外線対策で手軽にできるものは?

日常生活で、一番お手軽な紫外線対策は、
《日傘》ですね。

皮膚科ドクターには、「高価な日焼け止めクリームより、1000円の日傘」という方もいらっしゃるくらい。

 

番組では、シワの少ない方たちが愛用する日傘についてアンケートを取っていました。

その結果、人気の色は【白より黒】でした。

これは意外に感じた方も多いのでしょうね。

 

実は、紫外線を反射する白より、吸収する黒の方が、肌に紫外線を届けにくいのです。

・・・と、私もここまでは知っていたのですが、次については目からウロコだったかも。

それは

・日傘は内側の色が大切

ということです。

 

その理由は、地面からの照り返しを受けるのが内側だから。

 

日傘の内側が白の場合、照り返しの紫外線を反射してしまいます。
その結果、顏には紫外線が届いてしまうことに。

その点、内側が黒の日傘は、照り返しの紫外線を吸収してくれます。

 

黒の日傘、見た目が暗いとか、暑苦しそう、と気になる場合は、

・外側が白で、内側が黒の日傘

を選ぶのがベストでしょうね。

 

顔のシワを増やしてしまう洗顔法とは?

次の違いは、朝の洗顔でした。

シワの少ない人たちは、洗顔はぬるま湯でやっているのです。

 

ぬるま湯とはこの場合、約30度から32度が推奨されていました。

 

番組に登場した平沢先生によると、

・朝の洗顔には、就寝前に塗った化粧品や、就寝中に分泌された皮脂を洗い流す意味がある

そうなのです。

 

朝洗顔について、一部では
「皮脂は最高の美容クリームだから、朝は洗顔しない」
という考えもありますね。

 

でも番組に出演した有名人の方たちの中には、「朝洗顔をしなかったら、かゆみが出た」
という経験者がいらっしゃいました。

 

そこは平沢先生も、
・朝洗顔で余分な皮脂を落さないと、かゆみや吹き出ものの原因になる

と指摘されていましたので、気をつけてくださいね。

 

洗顔の温度は重要で、水では皮脂が落ちません。
かといって熱いお湯はNGなんです。
なぜなら、熱いお湯は皮脂をとりすぎて、肌の乾燥を招きます。

その結果、肌のバリア機能にもダメージを与えてしまうのですね。

 

※なぜ肌の乾燥がバリア機能を損なうかについては、こちらの記事で

さらに、シワの少ない方たちは、お風呂の洗顔にもこだわりを持っていらっしゃいます。

 

そのこだわりとは

・洗い流すときは、シャワーは使わない、手を使う

 

これは、シャワーの水圧で肌がダメージを受けるから、だとか。

 

そうは言っても私の場合、お風呂ではシャワーで流すこともあるんですが。

別にぶわーっと激しく当てずに、水圧を低くして、横からダラダラと流せばいいんじゃない?

なんて疑問に思っていたこともありました。

 

そうしたら、高須クリニックの高須克哉先生は、ツイッターでの質問で
「消火栓みたいにあてなければ大丈夫」
という意味のことをおっしゃっていたので、思わず納得だったのです。

 

なので、ひとくちにシャワーといっても、水圧や当て方によると思うんですよね。

 

でも、次のこれは参考になりました。

・洗顔は入浴の最後で

 

その理由は、顔の乾燥を防ぐためです。

 

お風呂の湿気の中とはいっても、洗顔で化粧品や皮脂を洗い流しっぱなしでは、肌は乾燥しますからね。

なので3つ目のこだわり

・保湿ケアはお風呂上りの3分以内で

というのも当然でしょう。

スポンサード リンク

 

私にとって目からウロコだったのは、「洗顔はお風呂の最後」です。

もしかしたら、どこかで目や耳にしたことはあるかもしれませんが、記憶になかった。

これは、わかってはいるんですが・・・。

 

子供のころからの習慣で、お風呂ではつい最初か、シャンプーの後にしてしまうんです。

これは何とかしなければ。

 

番組では、美肌を作る入浴法についての解説もありました。

それによると、お湯の温度がカギなんです。

 

美肌を作る入浴の温度とは

一口に言うと、熱いお湯に短時間つかること。

熱いお湯とは、42度に5分間。

もしくは、40度や41度でもよいのですが、その場合は5分より長い時間が必要です。

 

なぜ熱いお湯かと言うと、

・HSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質が生成されるから

です。

 

HSPは、皮膚の線維芽細胞の働きを活発にしてくれます。

線維芽細胞とは、コラーゲンやエラスチンを作り出すところ。

 

なので熱いお風呂は、お肌のハリと弾力をキープした方におすすめの入浴法なんですね。

 

私はといえば、40度でも長い時間は耐えられません。

それならもっと、他の方法でコラーゲンをキープしなければ。

ということで、次回は食べ物についてです。

>>紫外線の影響や対策についてまとめて知りたい方は★こちらをクリック★

 



スポンサード リンク



★人気のコスメをレビュー★
最後までお読みいただき、有難うございました。
下のバナーをぽちっとして頂ければ元気が出ます^^
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると元気が出ます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

管理人プロフィール



はじめまして!ご訪問有難うございます。
ブログ管理人のえいこです。
昔の激務で体を壊し、ここ何年かは在宅の仕事をしています。
このブログではキレイな肌やその元である健康を目指すために、私が勉強したこと、興味を持ったこと、試した方法やコスメについてつづっています。

もともとは自然派食品やオーガニック化粧品に興味がありました。 今はそれにとらわれず、良いものはよい、と開拓中です。
みずがめ座、水のあるところと猫が好き。年はアラフィフ・・・と言っておきましょう。
プロフィールの続きはこちら

本当にいいコスメたち

免責事項

■当ブログの記事は管理人えいこが実際に体験したことを基に書いておりますが、あくまでもえいこの主観によるものです。
商品ご購入ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。

■掲載情報にはできる限りの正確さを心がけておりますが、個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。
万一当ブログを利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が発生したとしても責任を負いかねます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

人気のコスメ、どうだった?

★毛穴専用美容液★

毛穴の黒ずみ、開き、たるみに レビュー⇒ソワン

★アプロス シルキーカバーオイルブロック★

レビュー
化粧下地【アプロス シルキーカバーオイルブロック】

★敏感肌のエイジングケア★

ストレス肌トラブルもケア! レビュー⇒アヤナスがリニューアル


★ラ・ミューテ化粧品★
レビュー
大人ニキビや肌荒れの悩みに『ラ・ミューテ』美肌セット

カテゴリー

お問い合わせ

管理人えいこへのご連絡やお問い合わせは、こちらの連絡フォームよりお願い致します。

お知らせ

7月26日10:10
b-glen(ビーグレン)美白セットのレビュー記事に、シミの画像を追加しました。
7月13日15:54
11:48~15:51までの時間において当ブログへのアクセス不能だったこと、お詫び申し上げます。
7月4日13:45
7月2日投稿記事『氷水出し緑茶』と『スーパー緑茶』の作り方に、氷水出し緑茶2種類のレシピを追記いたしました。
6月16日夜
お問合わせフォームに不備があったため、修正しました。
これまで連絡を試みて下さった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。