シミしわのない、ハリのある肌は、いくつになってもあこがれですよね?このブログでは、管理人えいこが知ったスキンケア情報や体験談をつづっていきます。

花粉を防ぐマスク!インナーマスクの作り方と使用感想を徹底解説

kahunshomask

花粉症にお悩みの方に、インナーマスクってご存じですか?

今回はそのインナーマスクの作り方や、私の使用感想を解説しますね。

2月からのスギや4月からのヒノキ、4月下旬からのイネ科の雑草、秋にはブタクサやセイタカアワダチソウ。

 

沢山のアレルゲンの中でも、春先のスギ花粉は悩みのタネ。

スギ花粉対策として、マスクをしている方も多いです。

 

今は高機能マスクもありますし、やっぱりマスクは効果的。

でも高機能マスクは高価格でもありますし、使い捨てにはもったいないし。

そんなところに知ったのが、インナーマスクでした。

 

そこでさっそく手作りして使ってみましたよ。

スポンサード リンク

インナーマスクとは?花粉を防ぐ効果はどれ位?

インナーマスクとは、直訳すると「内側のマスク」、「内なるマスク」。

昔からスノーボードやバイクをする方たちには知られていたアイテムです。

でも、ここでは意味が違うのですね。

 

インナーマスクとは、この場合

・マスクの内側に当てガーゼしたもの

とのことです。

 

もっと細かく言うと、

・コットンをガーゼに包んで、鼻の下に当て、さらにマスクをする

というものでした。

 

え?それだけ?

なんて思っちゃいますよね。

 

でもこのインナーマスク、厚労省の花粉症対策のpdfで取り上げられているんですよ。

 

では、インナーマスクの花粉ブロック率はどれ位かというと

なんと99%、なのだとか。

 

そこで資料を見たところ、材料もお手軽に揃えられそうです。

なので早速、手作りにかかりました。

インナーマスクの作り方、その手順とコツ

まず材料を用意します。

 

インナーマスクの材料

・マスク 1枚
・ガーゼ 10cm×10cm 1枚
・化粧用コットン 1個

 

インナーマスクの材料の選び方、私の場合

 

・マスク
普通に11箱498円くらいの値段で市販されているタイプです。

 

・ガーゼ
薬局やドラッグストアで売っています。

ポピュラーなのは、白十字の30㎝×1mの製品で、1枚入り90円から3枚入りなどバリエーションがあり、価格もお手頃です。

 

でも私がこの時買ったのは、30㎝×30㎝にカットされたガーゼ12枚入りの製品。

kahunmask1

こちらはちょっと割高ですが

なぜかというと、10㎝×10㎝にカットするなら、30㎝×30㎝の方がやりやすいと思ったからなんですね。

 

ほら、ガーゼって伸びてバイアスがかかりやすいでしょう?

なので30cm×1mのものは切り分けていくうちに、

ガーゼが伸びて

 

サイズや形が不正確になるのでは?

 

という発想だったのです。

 

・コットン

kahunmask2

化粧用コットンは、厚労省のPDFではサイズ指定はありません。

実際のコットンは、製品によってサイズや厚さに違いがあるのですが

 

結局、作ってから使用した感じでは

 

・コットンのサイズは?

着用感は、あまり違いはありません。

 

あまり小さいと、使用中にズレやすくなるかも。

逆に大きめのほうが、鼻の下で安定しています。

 

※私が使用したオーガニックコットン。普通のカット綿より大きめでした

kahunmask25

 

ということです。

 

コットンの素材について

 

私は今回、オーガニック100%の製品を選びました。

これはたまたま家にあったから、というのもありますが

 

化粧用コットンも、あまり安い製品では、肌ざわりがザラザラしてこすってしまうんですよね。

それに、オーガニックコットンなら、通気性も吸湿性もよくて、肌にも優しいのでは、と思ったからです。

 

 

では材料をそろえたところで、実際に作っていきます。

 

花粉症マスクの手作り手順

 

1)当てガーゼを作る

 

ガーゼのうち、1枚を袋から取り出します。

あらら。

kahunmask3

予想と違い、バイアスがかかっています。

なので形を整えて、正方形に近づけました。

kahunmask4

製品によっては、端っこの切り方も斜めで、台形に近いものもあるんですよ。

これって、プロが裁断してもバイアスがかかってしまう、ということかしら?

まあ何でも、コットンが包めればいいや

と思って、切り分けます。

 

一辺が30㎝のガーゼで良かったことは、、

・切り分けが簡単だったこと

です。

 

ガーゼを取り出した時、すでに3等分した折り目がついていましたし。

 

なので、折り目に沿ってカットします。

たたんだままの方が、切りやすいです。

kahunmask5

これで10㎝×30㎝のガーゼが3枚できました。

 

次に、長い方の辺を3等分。

 

スケールで測ってピボットで印をつけて

・・・なんて手順は踏みません。

もっとアバウトに

3等分するように折るのです。

kahunmask9

kahunmask10

 

折り目に沿ってカットします。

kahunmask11

これで一辺10㎝のガーゼが9枚できました。

kahunmask12

 

2)コットンをガーゼでくるむ

kahunmask13

まずコットンを丸めます。

 

※実際には両手を使っています

kahunmask14

kahunmask15

丸める、というか巻くんですね。

この時は、かなりきつめに巻いた方がいいです。

 

※製品にもよりますが、コットンって結構弾力があるんですよ。
なので巻きがゆるいと、どんどん元に戻ろうとして、包みにくくなってしまいますから。

なのでコットンをガーゼで包む時も、

kahunmask17

しっかり押さえつけています。

※実際には両手で押さえています

kahunmask19

さてコットンの横も包み込んで、当てガーゼができました。

kahunmask22

3)マスクをつける

 

最後に、当てガーゼとマスクを合体させて、インナーマスクの完成です。

・・・と言いたいところですが、

ここでちょっと戸惑いました。

 

厚労省PDFには、

・ガーゼでくるんだコットンを鼻の下にあて、マスクをする

とあります。

 

でも実際、これはちょっと戸惑いました。

 

なぜかと言うと、

・鼻の下にコットンを当てながら、

つまり 片手で押さえながら、もう片方の手でマスクを両耳からかけていく

というやり方は、難易度が高いのです。

 

なので、私が次にやったことは

 

・マスクの中央から少し上にコットンを置く

kahunmask24

・コットンを当てたまま、マスクをする

・マスクをしたら、コットンの位置を調節する

でした。

 

ただこれもちょっと手間がかかる、と言えばかかります。

 

そこで結局落ち着いた方法は

・マスクをかけて、いったん鼻の下までずらしておく
  ↓
・華の下にコットンを当てる
  ↓
・片手でコットンを抑えながら、もう片方の手でマスクを上げる

です。

 

こんな感じね

kahunmask26

kahunmask27

 

そして最後に、これも大事。

 

4)マスク上部のワイヤーを調整して、鼻や頬に密着させる

 

マスクと顔の間に隙間があったら、そこから花粉が入ってきてしまいます。
なのでツメが甘くならないように気をつけましょう。


スポンサード リンク

インナーマスクの使用感は?暑くない?ズレない?

こうして作ったインナーマスク。

私が感じたメリットを上げると

 

インナーマスクを使って気づいたこと

★良い点

・息苦しさや暑苦しさは感じません。

・花粉をしっかりブロックしてくれる、と思うと安心感もありますね。

・鼻の下に当てものをしている、というもの見ていてわかりません。

鼻水が出ても、すぐにコットンが吸収してくれる
なので冷たさも感じにくいし、周りの皮膚がガビガビになりにくいです。

 

もしもあんまり鼻水が出るようなら、替えのコットンを用意しておくといいですよ。

 

※もちろん、マスクごと予備を用意するのもいいです。
ただ、コットンだけの方がコンパクトに持ち歩けるので。

 

★気になったこと、注意点

・気温が高くなると、暑苦しさを感じる時がある

これはコットンの厚さを調節します。
厚労省PDFでは、「半分程度にする」とありました。

 

・コットンのズレ

私の場合は、付けているうちにコットンの位置がズレてくるときがあります。

そんな時は、コットンの位置を調整するしかありません。

 

また、ガーゼは端までくるみこんであるはずですが、そんな時には橋がほどけてくるときも。

そうなると肌ざわりが気になってきます。

 

特に、繊維がほどけてくると、要注意です。
息をするたびに動いて鼻先や鼻の下に当たって、くすぐったくてたまりません。

 

ガーゼでくるむ時も、端の繊維が出ていたらカットしましょう。

kahunmask20

 

花粉症が出ている時は、肌も敏感になっているのかもしれませんね。

 

なのでコットンをガーゼに包む時はは、ガーゼの端をしっかり包み込みましょう。

 

今日のおわりに

 

インナーマスクの作り方や注意点、いかがだったでしょうか。

これからは気温も高くなり、花粉がますます飛び交います。

花粉を少しでもブロックしたい方は、一度インナーマスク手作りにトライしてみてくださいね。

スポンサード リンク

 

★人気のコスメをレビュー★
最後までお読みいただき、有難うございました。
下のバナーをぽちっとして頂ければ元気が出ます^^
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると元気が出ます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

管理人プロフィール

ただいま準備中です。

詳しいプロフィールはこちら

本当にいいコスメたち

免責事項

■当ブログの記事は管理人えいこが実際に体験したことを基に書いておりますが、あくまでもえいこの主観によるものです。
商品ご購入ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。

■掲載情報にはできる限りの正確さを心がけておりますが、個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。
万一当ブログを利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が発生したとしても責任を負いかねます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

人気のコスメ、どうだった?

★毛穴専用美容液★

毛穴の黒ずみ、開き、たるみに レビュー⇒ソワン

★アプロス シルキーカバーオイルブロック★

レビュー
化粧下地【アプロス シルキーカバーオイルブロック】

★敏感肌のエイジングケア★

ストレス肌トラブルもケア! レビュー⇒アヤナスがリニューアル


★ラ・ミューテ化粧品★
レビュー
大人ニキビや肌荒れの悩みに『ラ・ミューテ』美肌セット

カテゴリー

お問い合わせ

管理人えいこへのご連絡やお問い合わせは、こちらの連絡フォームよりお願い致します。

お知らせ

7月26日10:10
b-glen(ビーグレン)美白セットのレビュー記事に、シミの画像を追加しました。
7月13日15:54
11:48~15:51までの時間において当ブログへのアクセス不能だったこと、お詫び申し上げます。
7月4日13:45
7月2日投稿記事『氷水出し緑茶』と『スーパー緑茶』の作り方に、氷水出し緑茶2種類のレシピを追記いたしました。
6月16日夜
お問合わせフォームに不備があったため、修正しました。
これまで連絡を試みて下さった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。