シミしわのない、ハリのある肌は、いくつになってもあこがれですよね?このブログでは、管理人えいこが知ったスキンケア情報や体験談をつづっていきます。

シミそばかすを隠すコンシーラ― 色やタイプの選び方、消えないときの方法は?

105771

シミやそばかすを隠すコンシーラ― 選び方や使い方のコツについて、お伝えします。

シミそばかすに使うコンシーラ―、色やタイプも様々ですね。
私もずいぶん長いこと、コンシーラ―を使うとかえってそこだけ浮いて、ファンデも厚塗りになったりと失敗を繰り返してきました。

そしてやっと、最近になって情報をまとめることができたのです。
ここではそのコツを、最新の薄づきファンデの時の選び方も交えてまとめますね。

スポンサード リンク

シミそばかすを隠すコンシーラ― 色選びは何が正しい?

コンシーラ―の色選びについては、アドバイスや記事によって違うことを言っていたりしますね。
シミそばかすより明るい色を、と言っている情報があると思えば、かたや暗めの色を、とか。

何が正しいのかわからなくなってしまいますが、情報をまとめると、シミやそばかすの状況によるのです。

たとえば

★シミの場合

・一般的には

シミの色に近い、やや暗めのファンデやコンシーラーを。
”やや暗め”とは1~2トーン落とす、ということですね。

・シミそばかすが濃いとき

シミの色に近くて、シミよりやや明るめの色を使います。
この時は”やや”明るめというのがポイントです。
明るすぎると、シミがかえって浮いてしまいますから。

ただし、コンシーラーだけに頼らないほうがいい場合もあります。

・しみそばかすが広い範囲にあるとき

この時、全体的にコンシーラーを遣うと、後でメイクがよれてきてしまいます。
そうならないためには、下地を使いましょうね。

下地はコンシーラ―やファンデーションの付きやノリを良くするだけでなく、肌の色補正(カラーコントロール)効果があるものがほとんどですから。

色補正の種類は、
シミ部分には、ベージュかイエローを使い、肌色を明るく見せる
血色を良く見せるには、オレンジを、肌の赤みを消すなら、グリーンを使います。

そばかすには、ハイライトも活用します。
明るいベージュやホワイト、パールホワイトがおすすめです。

・コンシーラ―を使うときのメイクの順序

ファンデーションのタイプによって、コンシーラーをつけるタイミングが違います。

パウダーファンデーションなら
下地(カラーコントロール)⇒コンシーラ―⇒パウダーファンデーション

リキッドファンデーション
下地(カラーコントロール)⇒リキッドファンデ⇒コンシーラ―⇒ルースパウダー

というふうに。

今はパウダーよりリキッドタイプやクリームタイプ、クッションファンデがメインなので、コンシーラ―は先に使うことが多くなっていいますね。

リキッドファンデを使用したときに、最後にルースパウダーを使うのは、コンシーラ―の色を周りになじませるためです。

・コンシーラーの付け方

指なら、コンシーラーをシミの中心につけてから、指先でポンポンと叩きます。
この時は、多少色浮きしても気にしません。次にファンデーションを付けますから。

コンシーラ―用筆なら、ちょんちょんと乗せてから、やはりぼかします。

スポンジを使うときは、清潔な状態で、ポンポンと軽く抑えてから、フェイスパウダーでなじませます。
”軽く”というのがポイントですね。強くこするのはNGです。コンシーラ―がずれてしまいますから。

コンシーラ―のタイプ別選び方とは?

コンシーラ―には、次のタイプがあります。

・パレットタイプ
・ペンシルタイプ
・チップタイプ
・スティックタイプ

このうち、一般的なのはスティックタイプでしょうね。

私も昔から使ってきましたが、伸びがよいので広い範囲に使えますし、餅もよく、カバー力もあります。

でも、自分の肌色に合わせやすいのは、パレットタイプだそうですよ。
その理由は、複数の色が出ているので、ブレンドしやすいから、とのことでした。

ただテクスチャーが硬めのクリーム状なので、最近の薄づきメイクとの相性は、あまりよくないかもしれません。

チップタイプは、硬めのものならシミに使いやすいです。(柔らかいタイプはクマやくすみに)

ペンシルタイプは、小さなシミの中心に色をおき、ぼかすのには指先や綿棒を使います。

薄づきファンデーションと相性が良いのも、ペンシルタイプのコンシーラ―ですね。
なぜなら、スティックタイプやパレットタイプでは、固くて重いので、ファンデーションが崩れてもそのままで、浮いてしまうからです。

その点、柔らかいペンシルタイプは、時間差を起こしません。
光効果でくすみを消すタイプなら、なおおすすめ。

(参考:『美的』1月号)

でも、こんな時もありますよね。


スポンサード リンク

コンシーラ―でもシミが隠れないときはどうしたらよい?メイクのコツはある?

普通のコンシーラ―ではシミが消せないとき、まず考えるのは

・特別なコンシーラ―を使う
これはタトゥーも隠せるという製品で、コントロールカラーやハイライトと合わせて使うと、さらに目立たなくなるのだとか。

ただしクレンジングも、それなりに強力なものが必要ですし、肌への影響を考えると、特別な場合だけに使ったほうがいいですね。

その他には
・他にポイントを作り、シミが目立たないようにする

これはアイメイクやリップメイクを活用します。
気になるシミが顔の下部分にあるなら、アイメイク
上部分なら、リップメイクに重点をおくといいでしょう。

私の場合、メガネのフレームを作りかえる時、今までより赤みがはっきりとした色にしました。
するとある程度、チークの代わりに頬の血色がよく見えて、フレームの色にかくれて、シミもそれほど目立たなくなりましたよ。
(少なくとも、本人はそう思っています(笑))

気になる部分から視線を外す方法については、こちらの記事でもご覧くださいね。
こうすればブルドッグ顔が目立たない、顔のたるみやほうれい線におすすめのメイクとは

★あわせて読みたい記事
厚塗りは逆効果!肌のくすみ・目元のシワやたるみを目立たせないアラフィフメイクのコツとは

これいいですよー
薬用クリアエステヴェールの崩れにくさと毛穴カバー力を実感(サンプル5色画像あり)



スポンサード リンク



★人気のコスメをレビュー★
最後までお読みいただき、有難うございました。
下のバナーをぽちっとして頂ければ元気が出ます^^
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると元気が出ます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

管理人プロフィール



はじめまして!ご訪問有難うございます。
ブログ管理人のえいこです。
昔の激務で体を壊し、ここ何年かは在宅の仕事をしています。
このブログではキレイな肌やその元である健康を目指すために、私が勉強したこと、興味を持ったこと、試した方法やコスメについてつづっています。

もともとは自然派食品やオーガニック化粧品に興味がありました。 今はそれにとらわれず、良いものはよい、と開拓中です。
みずがめ座、水のあるところと猫が好き。年はアラフィフ・・・と言っておきましょう。
プロフィールの続きはこちら

本当にいいコスメたち

免責事項

■当ブログの記事は管理人えいこが実際に体験したことを基に書いておりますが、あくまでもえいこの主観によるものです。
商品ご購入ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。

■掲載情報にはできる限りの正確さを心がけておりますが、個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。
万一当ブログを利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が発生したとしても責任を負いかねます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

人気のコスメ、どうだった?

★毛穴専用美容液★

毛穴の黒ずみ、開き、たるみに レビュー⇒ソワン

★アプロス シルキーカバーオイルブロック★

レビュー
化粧下地【アプロス シルキーカバーオイルブロック】

★敏感肌のエイジングケア★

ストレス肌トラブルもケア! レビュー⇒アヤナスがリニューアル


★ラ・ミューテ化粧品★
レビュー
大人ニキビや肌荒れの悩みに『ラ・ミューテ』美肌セット

カテゴリー

お問い合わせ

管理人えいこへのご連絡やお問い合わせは、こちらの連絡フォームよりお願い致します。

お知らせ

7月26日10:10
b-glen(ビーグレン)美白セットのレビュー記事に、シミの画像を追加しました。
7月13日15:54
11:48~15:51までの時間において当ブログへのアクセス不能だったこと、お詫び申し上げます。
7月4日13:45
7月2日投稿記事『氷水出し緑茶』と『スーパー緑茶』の作り方に、氷水出し緑茶2種類のレシピを追記いたしました。
6月16日夜
お問合わせフォームに不備があったため、修正しました。
これまで連絡を試みて下さった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。